高円寺 阿波踊り なぜ

高円寺 阿波踊り なぜ、なぜか首都圏で流行る阿波踊り!今年も開催「高円寺&南越谷阿波踊り」

夏本番!日本各地でお祭りが開かれていますが、夏の祭りの代表格といえば阿波踊り。8月12~15日の間、本場徳島で開かれるお祭りには全国から123万人(2013年実績)以上の見物客が集まります。その阿波踊りですが、徳島に次いで盛んなのが首都圏なのです。「ヤットサ~、ヤットヤット」「エライヤッチャ」の掛け声とともに一度見たら忘れられないあのリズムと踊り。その楽しさのポイントは、自由に踊れることと陽気で開。

特有の二拍のリズムに合わせて、威勢のいい掛け声と共に踊り歩く阿波おどり。日本三大盆踊りのひとつで、徳島を発祥として400年以上つづく伝統芸能だ。現在では全国各地で阿波おどり大会や祭りが開催され、その数は東京だけでも約20ヶ所。首都圏は、本場徳島の次に阿波おどりが盛んだともいわれている。今では本場徳島に引けを取らないほどの規模となった、東京の代表的な阿波おどりを紹介する。初回開催は昭和32年。現在の。

東京高円寺阿波おどりは、毎年8月最終土曜、日曜の2日間開催します。 JR高円寺駅南北商店街、および高南とおりに設置された9カ所の会場で、延べ約170団体(連)、約1万2千人の踊り手が、軽快なお囃子を奏で、踊ります。 見物客120万人あまりを動員するその規模は、徳島に次いで第2位の規模を誇ります。阿波おどりは、発祥の地、徳島に400有余年から続く伝統ある郷土芸 能で、この郷土芸能は時代と地域を越え、。

徳島県発祥で400年の歴史を阿波(あわ)おどりは、日本でも特に人気の夏祭りのひとつ。歴史的な価値に加え、ダイナミックなライブパフォーマンスも魅力的です。この夏の風物詩が徳島県だけなく、東京・高円寺でも体験できるのを知っていますか? 「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃ損々!」。参加者みんなが楽しい時間を過ごせるよう、阿波おどりの最中にはこのような歌が何度も繰り返。

徳島名物のお祭りといえば「阿波踊り」だ。ところが徳島名物のはずだった阿波踊りが全国各地で開催され、それぞれ地域恒例のお祭りとして定着している。特に首都圏では徳島に次ぐ開催規模を誇る高円寺をはじめ、三鷹、小金井など20を超える地域で開催され、集客数にいたっては高円寺で120万人を超すなど本場・徳島の阿波踊りに匹敵する規模になりつつある。まず首都圏で開催される阿波踊りの数について調べると、大小含め20。

商店街、音楽、古着屋、阿波踊り……と、多様な文化と魅力で多くの人を引きつける街、高円寺。まち探訪家の鳴海行人さんが、その成り立ちとおすすめの歩き方を紹介します。 新宿からJR中央線で約10分のところに位置する「高円寺」。「高円寺」と聞くと、音楽や古着屋や阿波踊りといった多種多様なイメージが浮かぶ人も少なくないでしょう。ユニークな店もたくさんあり、「高円寺に行けば面白いものが何かある」と思う人もそれ。

先日、東京住まいの弟に高円寺のトイレマークの写真をもらいました。その形がまさに阿波踊りで、九州住まいの私にとっては、「東京で阿波って…?」と、とっても不思議だったので、そのいきさつなどを調べてみました。えらやっちゃえらやっちゃヨイヨイヨイ♪トイレマークにまでシンボル化!「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」というフレーズの「よしこの」で知。

2005年08月29日 23時59分更新文● 編集部 伊藤咲子 あなたは“マイクロソフト”について、どのようなイメージを抱いているだろうか。最初に思い浮かべるのは、WindowsやOfficeなど自分にとって身近な製品か、ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏の顔ではなかろうか。しかし“マイクロソフト株式会社”のイメージを尋ねられれば、乱暴に言えば“外資系”というやや近寄りがたいニュアンスを持った。

夏の終わりの東京の風物詩です。 ことしで61回目になるそうです。 僕は2000年代前半に高円寺で4年間暮らしたことがあります。そこで初めて阿波おどりに出会い、毎年、これを楽しみにしていました。 太鼓と鉦、笛が奏でる独特の音色が心を刺激します。 艶やかな女踊りに酔いしれ、勇壮な男踊りが魂を揺さぶります。 自分の意思とは関係がありません。 無意識のうちに涙が頬を伝います。 今年だけではありません。 。

毎年恒例の高円寺阿波踊り祭りは、2019年8月24日~25日に開催されます。参加したことがあるかたはもちろんのこと、噂に聞いたことがある、JR高円寺駅を電車で通過したことがある、テレビやウェブで見たことがある、などの方にはお分かりいただけるのですが、あまりの人気イベントでお店もお客さんも阿波踊り参加者もたくさんでめっちゃ混雑します。賑やかで混んでいる雰囲気もお祭りならではのものですので、遊びに来た。

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われるよしこので知られる。しかし、よしこのは大手の有名連以外はあまり使われず主に「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多用されている。全国的には「えらいやっちゃ」が有名なため、「ヤットサー」の知名度はあまり高くない。企業連などではこのほか商品名や会社名が入った独自のかけ声が使われたり、「1か。

夏本番を迎え、日本全国で催されている夏祭り。各地に根付いている祭りは地元の人々はもちろん、観光客も惹きつける人気イベントとしての一面も持つ。旅行業者であるエイチ・アイ・エス(H.I.S)では、SNSを通じて旅好きフォロワーに「行ってみたい! 日本のお祭り投票キャンペーン」というアンケートを実施。トップ10には。

明治大学リバティアカデミー講師 ビジネスコンテンツ制作の有限会社ガーデンシティ・プランニングを28年間経営。その実績から明治大学リバティアカデミーでライティングの講師をつとめています。7年前から「ローリスク独立」の執筆活動をはじめ、副業・起業関連の記事を夕刊フジ、東洋経済などに寄稿しています。副業解禁時代を迎え、「収入の多角化」こそほんとうの働き方改革だと考えています。明治大学リバティアカデミー講。

初めて高円寺の阿波踊りに行かれる方は、「はて?どこに行けばいいんだろうか?」と迷われると思います。見どころや楽しみ方を教えて~~~!という方に、高円寺の阿波踊り好きな私がご紹介しちゃいます!屋台もたくさんあって面白いんですよ~。高円寺ってなんか好きなんですよね~( *´艸`)特になに?っていうものはないけど、ブラブラしてるだけでなんだか楽しい♪そんな好きな街で毎年行われる阿波踊りが大好きでよく行っ。

こんにちは、マーケティング担当の金尾です。日本全国で暑い日が続いてますね。 子どもたちの夏休みも終わったことですし、そろそろ過ごしやすくなって欲しいと思う今日このごろです^^;とはいえ、「夏」と言えば「お祭り」は欠かせませんよね。皆さんも近所の盆踊りや大きなお祭りなどに行かれたのではないでしょうか? 日本全国でも大きなお祭りは沢山ありますが、今回のブログは「阿波おどり」についてのお話です。阿波おど。

『阿波踊りの「踊り」は漢字表記が正しいのでしょうか? 「阿波おどり」とひらがな表記が正しいのでしょうか?』寶船は「阿波踊りエンターテイメント集団」と漢字で表記していますが、実はこれにはちゃんと意味があるのです!ご存知でしたか?約450年前に徳島で生まれた阿波踊り。イベントとしての正式名称は、徳島は『徳島市阿波おどり』と平仮名で表記します。また、関東最大の阿波踊り大会である高円寺も『東京高円寺阿波お。

開催年を経るごとに知名度が上がり、現在では阿波踊りの本場である徳島県からも集団参加が見られるなど、遠方からの参加者も多い。例年同日に行われる浅草サンバカーニバルと共に、東京の代表的な夏祭りの1つとなっている。約1万人が踊り、東京の晩夏の風物詩として定着している。なぜ徳島の阿波おどりが、東京「高円寺」で盛り上がるのか?「高円寺」と言えば、個性的な商店が軒を連ねる商店街が多く、商店街連合会に登録されて。

なぜか首都圏で流行る阿波踊り!今年も開催「高円寺&南越谷阿波踊り」

夏本番!日本各地でお祭りが開かれていますが、夏の祭りの代表格といえば阿波踊り。8月12~15日の間、本場徳島で開かれるお祭りには全国から123万人(2013年実績)以上の見物客が集まります。その阿波踊りですが、徳島に次いで盛んなのが首都圏なのです。「ヤットサ~、ヤットヤット」「エライヤッチャ」の掛け声とともに一度見たら忘れられないあのリズムと踊り。その楽しさのポイントは、自由に踊れることと陽気で開放的なところにあります。歴史のある伝統的な踊りではありますが、「手を上げて、足を運べば阿波踊り」と言われるように、基本の動きを覚えて二拍のリズムに合わせて踊れば誰でも楽しむことができます。阿波踊りは基本的に“連”というグループ単位で踊ります。深編笠に揃いの浴衣で練り歩く女踊り。 腰を落とし、地を這うように暴れ踊る男踊り。 そして三味線や太鼓、鉦(かね)に代表される鳴り物。これら3つのグループで構成……

本場・徳島に引けを取らない盛り上がり。東京で「阿波おどり」を愉しむ

特有の二拍のリズムに合わせて、威勢のいい掛け声と共に踊り歩く阿波おどり。日本三大盆踊りのひとつで、徳島を発祥として400年以上つづく伝統芸能だ。現在では全国各地で阿波おどり大会や祭りが開催され、その数は東京だけでも約20ヶ所。首都圏は、本場徳島の次に阿波おどりが盛んだともいわれている。今では本場徳島に引けを取らないほどの規模となった、東京の代表的な阿波おどりを紹介する。初回開催は昭和32年。現在の高円寺パル商店街振興組合に青年部が誕生し、商店街の活性化のために開催した「高円寺ばか踊り」がはじまり。「徳島に阿波おどりという踊りがあるらしい」という誰かのひと言がきっかけで、“阿波おどりのようなもの”を踊り商店街を歩くお祭りだったようだ。数年後、徳島県の木場連(連=阿波おどりのグループ)から手ほどきを受け、昭和38年には「高円寺阿波おどり」と名称が変更された。その後、年を追うごとに規模が拡大し、……

Vol.15 高円寺阿波おどりにみる町おこしの手法

東京高円寺阿波おどりは、毎年8月最終土曜、日曜の2日間開催します。 JR高円寺駅南北商店街、および高南とおりに設置された9カ所の会場で、延べ約170団体(連)、約1万2千人の踊り手が、軽快なお囃子を奏で、踊ります。 見物客120万人あまりを動員するその規模は、徳島に次いで第2位の規模を誇ります。阿波おどりは、発祥の地、徳島に400有余年から続く伝統ある郷土芸 能で、この郷土芸能は時代と地域を越え、今や全国に40箇所以上の大会が開催されています。主催者団体:NPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-57-10 パルプラザ4階 NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会 TEL 03-3312-2728 FAX 03-3312-2729そのころ、「これから若い者の力が必要だ」 と青年部ぼんぼん倶楽部(現まどか会)が発足し、その中で「阿波踊り」を行うことにな……

東京・高円寺で夏の風物詩・阿波おどりを楽しもう!

徳島県発祥で400年の歴史を阿波(あわ)おどりは、日本でも特に人気の夏祭りのひとつ。歴史的な価値に加え、ダイナミックなライブパフォーマンスも魅力的です。この夏の風物詩が徳島県だけなく、東京・高円寺でも体験できるのを知っていますか? 「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃ損々!」。参加者みんなが楽しい時間を過ごせるよう、阿波おどりの最中にはこのような歌が何度も繰り返されます。このため、阿波おどりは「阿保の踊り」とも呼ばれます。阿波おどりは、8月上旬から中旬のお盆の時期を中心に、日本各地で開催されます。中でも発祥地である徳島県の徳島市では、日本最大規模であり迫力満点のお祭りが楽しめますよ。阿波おどりでは、三味線(※1)や太鼓、鐘、横笛の音とともに、主に男性たちが低い体勢で踊る「男踊り」を、女性たちが空に向かうように背を伸ばして踊る「女踊り」を披露します。阿波お……

G Search "side

徳島名物のお祭りといえば「阿波踊り」だ。ところが徳島名物のはずだった阿波踊りが全国各地で開催され、それぞれ地域恒例のお祭りとして定着している。特に首都圏では徳島に次ぐ開催規模を誇る高円寺をはじめ、三鷹、小金井など20を超える地域で開催され、集客数にいたっては高円寺で120万人を超すなど本場・徳島の阿波踊りに匹敵する規模になりつつある。まず首都圏で開催される阿波踊りの数について調べると、大小含め20以上の地区で行われていることが判った(以下参照)。 ※首都圏開催の阿波踊り これによると阿波踊りが特に中央線沿線にて多く開催されており、最大規模の高円寺をはじめ吉祥寺、三鷹、小金井と数駅おきに連なって開催されている事がわかる(この理由については後程紹介)。首都圏での阿波踊り開催の記事を見ると、開催規模としては高円寺が最大級。99年の情報によると徳島で約130万人規模だったのに対し高円寺では約1……

ディープな街・高円寺が「古着」「阿波踊り」で有名になったワケ アーバン ライフ

商店街、音楽、古着屋、阿波踊り……と、多様な文化と魅力で多くの人を引きつける街、高円寺。まち探訪家の鳴海行人さんが、その成り立ちとおすすめの歩き方を紹介します。 新宿からJR中央線で約10分のところに位置する「高円寺」。「高円寺」と聞くと、音楽や古着屋や阿波踊りといった多種多様なイメージが浮かぶ人も少なくないでしょう。ユニークな店もたくさんあり、「高円寺に行けば面白いものが何かある」と思う人もそれなりにいるはずです。 そう思うと、高円寺の「コンテンツ」の多さと「引力」は、とても不思議なものに思えます。 今回はそんな高円寺の歩き方と歴史をご紹介します。 高円寺に行くとなると、まずアクセスするのはJR高円寺駅でしょう。駅には南北に出入り口があり、それぞれに駅前広場があります。そして、駅周辺には10の商店街が広がっています。 商店街で有名なのが、駅の北西にあり、ねじめ正一氏の小説で有名になった「……

阿波踊りがなぜ東京で行われているの?高円寺阿波踊りについて No.232

先日、東京住まいの弟に高円寺のトイレマークの写真をもらいました。その形がまさに阿波踊りで、九州住まいの私にとっては、「東京で阿波って…?」と、とっても不思議だったので、そのいきさつなどを調べてみました。えらやっちゃえらやっちゃヨイヨイヨイ♪トイレマークにまでシンボル化!「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」というフレーズの「よしこの」で知られます。また、単に「ヤットサー ヤットサー」と掛け声を挙げることもあります。この踊りの起源は明らかになっていませんが、徳島藩が成立して以降、盛んになったと言われ、昭和初期に「阿波踊り」の名がつくようになったと言われています。また、踊りのグループである「連」によって、踊りの趣向が変わってきます。現在、東京で行われる阿波踊りイベントは、50近くあるとされます。そのなかでも一番有名なのが、「東京高円寺……

ASCII.jp:踊る! マイクロソフト連――徳島&高円寺、阿波踊りの暑い夏

2005年08月29日 23時59分更新文● 編集部 伊藤咲子 あなたは“マイクロソフト”について、どのようなイメージを抱いているだろうか。最初に思い浮かべるのは、WindowsやOfficeなど自分にとって身近な製品か、ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏の顔ではなかろうか。しかし“マイクロソフト株式会社”のイメージを尋ねられれば、乱暴に言えば“外資系”というやや近寄りがたいニュアンスを持った言葉が真っ先に浮ぶのではなかろうか。しかし、徳島・徳島市と、東京・高円寺には“阿波おどり”と答える人が少なからずいるのだ。 今回の取材のきっかけは、筆者が見た、日本法人前社長のマイケル・ローディング(Michael Rawding)氏が阿波おどりのはっぴを着てポーズをキメている、1枚の写真だ。なぜ外資系企業のマイクロソフトが額に汗して阿波おどりをするのか、その全貌について、練習から“第49回 東……

高円寺阿波おどり –

夏の終わりの東京の風物詩です。 ことしで61回目になるそうです。 僕は2000年代前半に高円寺で4年間暮らしたことがあります。そこで初めて阿波おどりに出会い、毎年、これを楽しみにしていました。 太鼓と鉦、笛が奏でる独特の音色が心を刺激します。 艶やかな女踊りに酔いしれ、勇壮な男踊りが魂を揺さぶります。 自分の意思とは関係がありません。 無意識のうちに涙が頬を伝います。 今年だけではありません。 毎回、こうなります。 カッコ悪いことこの上ありません。 ですから、阿波おどりを観るときはいつも1人です。 高円寺には旧友も住んでいるのですが、この時は声を掛けるのを控えます。 なぜ自分は祭を観るだけでこんなに感動して泣いてしまうのか、理由はわかりません。 他の祭ではこうはなりません。 阿波おどりだけです。 長かった夏もそろそろ終わりが近づいてきました。……

高円寺の阿波踊りでわりと空いてて休憩しながら食べ歩き出来るエリアを紹介 │

毎年恒例の高円寺阿波踊り祭りは、2019年8月24日~25日に開催されます。参加したことがあるかたはもちろんのこと、噂に聞いたことがある、JR高円寺駅を電車で通過したことがある、テレビやウェブで見たことがある、などの方にはお分かりいただけるのですが、あまりの人気イベントでお店もお客さんも阿波踊り参加者もたくさんでめっちゃ混雑します。賑やかで混んでいる雰囲気もお祭りならではのものですので、遊びに来た感があってとてもよいと思います。 でも、ちょっと休憩したい!暑い!空いてるとこ行きたい!そう思うタイミングがあると思います。 ちなみに、お祭りの醍醐味の一つが屋台のグルメですが、高円寺の阿波踊りも沢山の出店が出ます。 が、混雑しすぎてると食べられないですよね… そこで!比較的空いていて!スペースがあって!屋台や出店がある!そんな「高円寺阿波踊りの休憩&食べ歩きスポット」をピックアップし……

阿波踊り Japan

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われるよしこので知られる。しかし、よしこのは大手の有名連以外はあまり使われず主に「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多用されている。全国的には「えらいやっちゃ」が有名なため、「ヤットサー」の知名度はあまり高くない。企業連などではこのほか商品名や会社名が入った独自のかけ声が使われたり、「1かけ2かけ3かけて、しかけた踊りはやめられぬ。5かけ6かけ7かけて、やっぱり踊りはやめられない」と言ったものも使われている。また、「ワッショイ踊り」(後述)のような邪道踊りでは「ソレソレソレ…」等と言った単にやかましいだけやバカ騒ぎをするためだけのものも存在している。 また徳島県内の学校では体育祭や運動会などで「阿波踊り」を演目として採用している学校も多数あり、授業で阿波踊りを経験した地元住民も多数……

日本のお祭りランキング、“本家”を抑え「高円寺阿波おどり」が堂々1位

夏本番を迎え、日本全国で催されている夏祭り。各地に根付いている祭りは地元の人々はもちろん、観光客も惹きつける人気イベントとしての一面も持つ。旅行業者であるエイチ・アイ・エス(H.I.S)では、SNSを通じて旅好きフォロワーに「行ってみたい! 日本のお祭り投票キャンペーン」というアンケートを実施。トップ10には、「祭りの国」日本らしく、古来から続く伝統的な祭りが多くランクイン。全国各地の特色豊かな祭りが出揃う中、旅好きが選んだ、「2016年、行ってみたい!日本のお祭りランキング」で1位に輝いたのは、どこの祭りか!? 10位に入っ……

高円寺阿波おどりが動員数で本家を超える日も近いワケ

明治大学リバティアカデミー講師 ビジネスコンテンツ制作の有限会社ガーデンシティ・プランニングを28年間経営。その実績から明治大学リバティアカデミーでライティングの講師をつとめています。7年前から「ローリスク独立」の執筆活動をはじめ、副業・起業関連の記事を夕刊フジ、東洋経済などに寄稿しています。副業解禁時代を迎え、「収入の多角化」こそほんとうの働き方改革だと考えています。明治大学リバティアカデミー講師 ビジネスコンテンツ制作の有限会社ガーデンシティ・プランニングを28年間経営。その実績から明治大学リバティアカデミーでライティングの講師をつとめています。7年前から「ローリスク独立」の執筆活動をはじめ、副業・起業関連の記事を夕刊フジ、東洋経済などに寄稿しています。副業解禁時代を迎え、「収入の多角化」こそほんとうの働き方改革だと考えています。・徳島阿波おどり 2018年8月12~15日 /見物客約……

高円寺阿波踊りはどこで見る?見どころや屋台の楽しみ方をご紹介!

初めて高円寺の阿波踊りに行かれる方は、「はて?どこに行けばいいんだろうか?」と迷われると思います。見どころや楽しみ方を教えて~~~!という方に、高円寺の阿波踊り好きな私がご紹介しちゃいます!屋台もたくさんあって面白いんですよ~。高円寺ってなんか好きなんですよね~( *´艸`)特になに?っていうものはないけど、ブラブラしてるだけでなんだか楽しい♪そんな好きな街で毎年行われる阿波踊りが大好きでよく行ってました。って思いますよね。発祥の地の徳島県の阿波踊りの起源は【精霊踊り】や【念仏踊り】と言われていますが、阿波踊りの熱狂ぶりに江戸時代には一時禁止にもなったそうですよ。阿波踊りっておかしいくらいの熱量がありますからね。そもそもは隣町で行われていた「阿佐ヶ谷七夕祭り」に対抗しようと青年部が町おこしのために始めたものだそうです。阿波踊りが起用されたのは狭い商店街にはヤグラを立たせることができなく、盆……

阿波おどりの連の位置がリアルタイムで分かる!

こんにちは、マーケティング担当の金尾です。日本全国で暑い日が続いてますね。 子どもたちの夏休みも終わったことですし、そろそろ過ごしやすくなって欲しいと思う今日このごろです^^;とはいえ、「夏」と言えば「お祭り」は欠かせませんよね。皆さんも近所の盆踊りや大きなお祭りなどに行かれたのではないでしょうか? 日本全国でも大きなお祭りは沢山ありますが、今回のブログは「阿波おどり」についてのお話です。阿波おどりは、ご存知かとは思いますが「連(れん)」という踊り手の集団が街中を踊りながら練り歩きます。 いくつもの連が出演するので、観客としては目当ての連が今どこにいるのかを把握するのがとても重要だったりします。それをBeacon(ビーコン)を活用したアプリで解決している方々がおられます。 その中でも徳島の阿波おどりで提供されている「連レーダー」と、高円寺の阿波おどりで使われている「東京 阿波おどり」を紹介……

阿波踊りの「踊り」は、漢字表記?ひらがな表記?表記でわかる文化の奥深さ

『阿波踊りの「踊り」は漢字表記が正しいのでしょうか? 「阿波おどり」とひらがな表記が正しいのでしょうか?』寶船は「阿波踊りエンターテイメント集団」と漢字で表記していますが、実はこれにはちゃんと意味があるのです!ご存知でしたか?約450年前に徳島で生まれた阿波踊り。イベントとしての正式名称は、徳島は『徳島市阿波おどり』と平仮名で表記します。また、関東最大の阿波踊り大会である高円寺も『東京高円寺阿波おどり』と、ひらがなになってます。なので、イベントとして話すときには「阿波おどり」とひらがな表記します。徳島や高円寺で阿波踊りをされてる方は、圧倒的に「阿波おどり」とひらがな表記する場合が多数です。これは、徳島や高円寺の方々は、「阿波おどりの練習」と言った際には、『踊りの練習=阿波おどり大会の練習』を意味するから。地元の祭りに誇りを持ち、正式名称のひらがなで書かれる方が多いのです。逆に、芸能・舞踊と……

東京高円寺阿波おどり

開催年を経るごとに知名度が上がり、現在では阿波踊りの本場である徳島県からも集団参加が見られるなど、遠方からの参加者も多い。例年同日に行われる浅草サンバカーニバルと共に、東京の代表的な夏祭りの1つとなっている。約1万人が踊り、東京の晩夏の風物詩として定着している。なぜ徳島の阿波おどりが、東京「高円寺」で盛り上がるのか?「高円寺」と言えば、個性的な商店が軒を連ねる商店街が多く、商店街連合会に登録されている商店街の数はなんと13もあります。昭和32年の8月に、現在のパル商店街振興組合に青年部が誕生したことを記念し、何かイベントをやろうと言う意見が出たのがきっかけだったそうです。その頃すでにお隣の阿佐ヶ谷では、七夕祭りが開催されており、「これは負けてはおられぬ!」と、組合員たちはイベントの立ち上げを提案しました。しかし、商店街の狭い道では、櫓(やぐら)を建てるわけにもいかず、神輿は高価で手が出せな……

平均ユーザー評価

4.5 / 5

カテゴリ